HONDA SL90 を見つけた!の巻き


たったの一年で国内販売を打ち切ったSL90は、とうとう街中でロクに見かけることもなく姿を消した。
市場も見飽きたCL90のエンジンを搭載した初期型よりも、直立シングルの新型の方を歓迎した。
池袋にホンダのショールームがあった。ホンダの新型に触れることのできる先進的な場所だった。
いまは、ディーラーの建物になっている・・・と思う。そこにあったのが最後の記憶だ。

ここ、一年くらいはYAHOOのオークションをみる時には、絶対に出てこないと思ってはいながらも
必ずSL90を検索したものだった。 あっても、後期型のSL90がでてくるくらいだった。




それが、どうしたことか出てきたのだった。
錆びにまみれて10年以上は動かしてなさそうなシロモノだった。
珍しいと見え値段は5万円以上にまでつりあがった。他のバイクならば3万円も行かないような程度だ。
とうとう、35年前(04年8月現在)のバイクに出会ったというわけだ。





出品にあたって、水洗いでもしたのだろう。
こういうバイクは不動でレストア素材だと思ってよい。



普通の場合であれば僕も買わないだろう。
フォークの錆から判断して、タンクもシートもと錆びは進んでいるからだ。
修理代をかけても買う価値があるのかどうか。場合によれば程度の良いものを探す方が安いからだ。
しかし、これを逃してはまず出てこない。現に出てこなかった。
僕は落札を決断した。


前のオーナーは若い頃譲られて、長い間乗っていなかったとか。
走行距離は500キロ台。本当かもしれない??

いずれにせよ、我々は希少なバイクを後世のために預かっているだけのこと
錆びさせて放置するよりは、手放す方が正しい判断であると思う。










さて、数日後届いたバイクがこれである。

  

サイドカバーとレッグシールドのようなガードは欠品である。
しかし、それ以外は揃っている。年式から言えば綺麗な方だろう。
(まけおしみ??)

 


このチェーンの錆び。年季が入っている。雨ざらしではなかっただろうが、フレームに錆が目立つ。鍵などはあった。

どうせ乗らないバイクならばワックスがけなどで綺麗にしないで、油を塗りたくってほこりにまみれさせておいてくれた方が

痛みは少ないものだ。こういう乾燥した状態は保存に悪い。油だらけが望ましい。

   


残念だが、インナーは錆がひどくこのままでは使えない。再メッキ処理か?
タイヤは新車のままである。

 

カブ90とおなじエンジンだが今のカブ90とは違う。流用しなかったSL90初期型だけのパイプフレームだが、カブエンジンを使ったバイクで
パイプフレームのバイクはこのSL90初期型とモンキーくらいのものである。だからカブエンジンファンには人気があるのだろう。
エンジンは豊島区の「夢想庵輪堂」の田部さん曰く、すぐかかって調子がよいので実走行は少ないだろうとのこと。

 

これが、ガソリンタンクだ。全部錆び錆びでタンクを叩くと音がぼこぼこ言う。底まで錆びは進んでいるから当然のこと使えない。修理も大変だ。
前の持ち主も一度バイク屋さんで錆びおとしをしたが、底までは取れなかったということだ。
乗らないバイクのガソリンタンクは必ず空にしないと、いずれはこうなってしまう。
ものすごい、刺激臭を発したタンクからは醤油のような液体が出てきた。ガソリンの成れの果てだった。

   

なぜか、インジケーターランプが脱落している。タイヤからいくと信じられる距離かも知れない。
速度計はシャリーなんかと同じ形だが4速で120キロまでの表示にはなっていない。
これを直してつかうしかないだろう。


ありがたい。と心から思った。



サイドカバーは引越しの際に紛失したのでないとのことだった。

こんなもの部品で出るはずも無い。こまったなあ。つくるしかないのか?


ヤフオクの禁じてではあるが、買います広告をやった。

出品はあるけれども、「買います」というコーナーはヤフオクにはないのだ。

あれば便利なのにと思うのだが。無料の時はともかく、いまは競合が止めたのでヤフオクが独占状態だ。

利用料を徴収しているのだから、「買いますコーナー」があれば便利と思った。

04年の6月には利用料だけでも16000円にもなった。バイクを売ったのがその原因だ。

禁止事項として買いますサイドカバーの「出品」はあえなく削除されてしまった。

それでも、もう一度さがしていますと「出品」をした。

「買います」「逆オークション」などとやると検索でひっかかるので違う表現にした。

質問欄に連絡があったのだ。!


不要なサイドカバーをお譲りします
とのことだった。
へええええええええ!
こころから感謝した。




これは連絡をくれたNさんがヤフオクで手に入れた時の画像とのこと。
その売主はなんの部品なのか知らないで出品したと言う。
傷だらけだが、間違いなくSL90初期型の鉄製サイドカバーだ。


NさんはブルーのSL90を持っているとのことだが、色が合わないので譲ってくださると言う。
Nさんは後日見物がてら届けてくれるという。






不思議なことが起こった。
本当に不思議だった。





SL90と検索しても何も出てないのがふつうだったけれど、こんなものを見つけてしまった。





SL90初期型のガソリンタンクだった。
北海道の人が出品していた。もちろん落札した。19500円だった。新品だから安い。
北海道のバイク屋さんが廃業した時にくれたものだそうです。なぜ、こんな部品を在庫していたんだろうか
新品のまま出てきたのだ。まったく不思議なタイミングだ。













しかし、不思議はコレだけではなかった。





















ご覧のとおりSL90初期型のフロントフォーク新品です。

結局31000円まで上がってしまったが、僕と誰かさんの二人だけ。
流用は出来るだろうがSL90にしか使われてなかったフォークだ。

後期型のはCB90、CL90と兼用なのでフェンダーの取り付けがついているが、これには無い。まったくの専用なのだ。
コストから言って、凝ったパイプフレームと言い、一年で国内販売が終わっても無理からぬバイクだった。
初期型の部品は後期型にも使われて行った。


しかし、立て続けによくでてきたものだ。
きっと、落札を見てそれならば?と思って出してくるのかもしれない。
探しても無い時は無いのだ。
待ち遠しい!



ということで、だんだんめどがついてきたんです。





こういうフレームです。90CCにしては立派です。



届いたタンクをつける。そのほか、ステップゴム、ガスコックとクラッチワイヤー、アクセルワイヤーを取り寄せた。

ガスコックはCL90用で間に合うと思ったが左右の連結が出来ずに部品取りにしてモトのを清掃してつけた。

アクセルワイヤーはグリップの取り付けが特別で使えなかった。エンブレムをつけようと思ったが差込の穴が大きくて

付かなかった。貼るしかないな。部品というのはそういうものだ。




サイドカバーをあわせてみる。これに取り付けのつまみが必要だ。カブのサイドカバーのものが使えるかも
シートも破れ腐れもなくこのままで使える。あとは錆び落しかな?タイムトンネルが終わったらまた取り掛かる予定







そして、冬がきました。




タイムトンネルも無事におわりました。






    
幸運が積み重なってきれいになっていきました

部品が出てきたあの時期を除いては、SL90で検索しても

ほとんど初期型の部品が出てきません。クラッチワイヤーが出てきたくらいです。

なんという幸運だったのでしょうか。


下はタンクやフロントフォークが新しくなったSL90のお姿・・・

エンジンは新品のような音を立ててまわります。

走行計も600キロ程度で止まっている

ほとんど乗られないまま時間ばかりが過ぎていたんでしょう。

乗って調子を出していくつもりです。お世話になった皆さんありがとうございます。

27th Nov 2004



 





HOME

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー